ドッグイベントスケジュール☞

愛犬とリードで歩いて楽しめる水族館【油壷マリンパーク】

油壷マリンパークの水族館

油壷マリンパークに行ってきました。息子たちが小さい時に訪れて以来なので15年以上ぶりかしら。私の小学校修学旅行もここでした。

ペンギンパレードはなくなってしまったのですね。残念。

新型コロナウイルスによる変更もあったので、犬連れ利用方法をまとめておきます。

新型コロナウイルス対策で変わったこと

ファンタジアムはペット同伴不可

  1. いるか・あしかショーはペット不可
  2. ショーの人数制限あり(250人)
    時間によって整理券を先着順に配布
  3. 魚のパフォーマンス・餌付けガイド中止
  4. ふれあい・エサやり体験・モノづくり体験中止

油壷マリンパークはほぼすべての施設がペット同伴で閲覧できますが、新型コロナウイルス対策のため、屋外大海洋劇場「ファンタジアム」は、当面の間ペット同伴での入場ができなくなりました

人数制限のため前売り券が販売されています。これはショーの人数制限(1000人→250人に縮小)なので、ショーを観ない場合は当日でも入園できるそうです。

入園料(ショーあり)は1,800円、ですが、ショーなしは1,600円と安くなります。
※コンビニ前売り券(前日まで)は1,550円。

前売り券を買うときには気を付けてくださいね。

ペット同伴についてのルール

油壷マリンパークペット同伴ルール

    • 入場料1頭につき500円
    • 狂犬病予防接種証明書の提示
    • 「利用誓約書」の記入
      5種以上の混合ワクチン接種日記入あり

入園する前に「利用誓約書」の記載が必要です。誓約書は事前にダウンロードできるので、あらかじめ用意していくとスムーズ。また、狂犬病予防接種証明書は番号を記載しても入り口で提示が必要なのでお忘れなく。

園内の利用で気をつけること

かわうその森

  • 屋内大海洋劇場「ファンタジアム」入場不可
  • 園内はリード着用
  • 遊具や乗り物には乗せない
  • 水槽のガラス面に爪をかけない
  • 表示物の上に乗せない
  • 園内のベンチを利用する際は「カフェマット」を使用
  • 三崎マグロレストラン「Log Terrace」はテラス席ペット可
  • 赤い路面やアスファルト面は夏場は特に路面温度が上昇するので気を付ける

あとは吠えさせない、排泄物処理をするなど、一般的なお出かけの心得と同じです。

ペットはイヌだけではなく、ネコ、ウサギ、フェレット、鳥、爬虫類、両生類、小動物、豚、ヤギなどの家畜もOK。
その子によって入場に必要な書類は異なるのでこちらを参考にしてください。

年間3回以上行くなら「ペット生徒証」がお得ですね。※年間パスポートは休止中です。

園内はリードで散策OK

三浦自然観

園内施設はリードのまま入れます。

かわうその森

かわうその森

「かわうその森」には、洞窟、雑木林、小川や小さな田んぼがあり、コツメカワウソの他、フクロウや森の洞窟を住みかにする小動物が暮らしています。

緑豊かなかわうその森では、「野生の蛇や狸ができることがあります」という注意書きがあったけど、草むらから蛇が出てきたらびっくりですね。

コツメカワウソとご対面

日本に生息するカワウソは、昭和49年に高知県で捕獲されたのを最後に、神奈川県では昭和2年に三浦市城ケ島の生息記録を最後に絶滅したそうです。

日本に再びカワウソが暮らす環境を残したいという願いを込めて、「かわうその森」が作られたんですって。

あしか島

アシカとご対面

あしか島には2頭のあしかが暮らしています。
タイミングが合えば、あしかのお食事タイムも見れますよ。

油壷マリンパーク「アシカ島」

ズンズンとはりきって進むつつじさん。

アザラシのプール

アザラシのプール

アザラシのプールでは、小窓からもアザラシが泳ぐ姿が間近に見ることができます。

カフェマットを敷いてアザラシ待ち。
犬に興味があるのか近くまで寄ってきて大迫力でした。

ゴマフアザラシのごはん君です。

油壷マリンパーク公式Youtube

ペンギン島

ペンギン島

一番長い時間見ていたのが「ペンギン島」。

ペンギン島はぐるっと回れて、水の中の泳ぐ姿が見える場所とより近づいて見える場所があります。キタイワトビペンギンが42羽暮らしています。ほとんどがここで生まれた子なんですって。2020年4月にも赤ちゃんが誕生。

”ファー”付きベストを着ている子がいたので「ヒナ」かしら?と期待したら、ちょうど1年に1度羽が生え変わる「換羽期」だそうで。

ひとりだけ岩の上で空を見上げている子がいて、哀愁ある後ろ姿に目が釘付け!

「あの子はなにをしているのか」係員さんに聞いたところ、「何してるんでしょうねぇ」と笑ってました。空を飛びたいのかしら。

なぎさのステージ

なぎさのステージ

子どもたちとヒーローショーをよく見た「なぎさのステージ」も、今はお休み中で閑散としていました。シルバーウィーク中ですが、みんなイルカ・アシカショーを観ている時間帯なので園内はガラガラ。

展望台

大型犬のドッグランのすぐそばには「展望台」もあり、よく晴れた日には富士山や大島などが見えるみたい。

広い相模湾を眺めるだけでも気持ちいい。

晴れた日はこんなにきれいだそうです。

油壷マリンパーク公式Youtube

水族館「魚の国」

水族館「魚の国」

暑くなるお昼の時間帯に「魚の国」を見学。
水族館もリードのまま入れます。

ちょうどゴールデンとバーニーズちゃんが、のしのし歩いて見学してました。

昔の姿のままで

「昔の姿のままで」コーナーには、古代からの姿を今に伝えるシロチョウザメの水槽がありました。

どことなく似ている。

メガマウスシャーク

大きな口のメガマウスシャークの標本。深海性の貴重なサメで学術的にも大変珍しいそう。

回遊水槽

回遊水槽

360度パノラマの海を再現した「回遊水槽」。

海の遊歩道

海の遊歩道

海の遊歩道のコンセプトは「癒し」だそうで、色とりどりのきれいな魚やクラゲ、チンアナゴもいました。丸い窓枠の水槽がかわいい。

改定で記念撮影

「海底で記念撮影」のコーナーでは、まるで海の中にいるような写真が自由に撮影可能。からくりは、水槽の裏側に回って撮影しています。

レストラン・ショップ

三崎マグロのレストランLog Terrace

三崎マグロのレストラン「Log Terrace」は、テラス席ペット可。わんこは店内に入れないので、先に席を確保してから食券を購入します。

メニュー

1番人気は「鮪づくし丼(1,600円)」。他にも三浦産の釜揚シラス丼(1,300円)やご当地料理のまぐろラーメン(900円)など変わったメニューもありました。

ペンギンショップ

ペンギンショップ

水族館出口の売店「ペンギンショップ」で、季節限定のスイカのかき氷を食べました。スイカシロップは手作りなんですって。

シロップなしの「ワンコ用のかき氷」もあります。

エントランスショップ

エントランスショップ

マリンパーク入り口にある「エントランスショップ」はおみやげ屋さん。お菓子や三浦の名産品、京急グッズの販売も。コインロッカーや授乳室もエントランスショップのすぐ裏にあります。

愛犬とここまで一緒に楽しめる水族館は全国でも珍しいのではないかしら。涼しくなったらまた行きたいな。

ドッグラン「ワンワンパーク」についてはこちらにまとめました。

油壷マリンパークのドッグラン【わんわんパーク】海のみえる丘と緑がはえる丘
油壷マリンパークの園内にはふたつのドッグラン「わんわんパーク」があり、いずれもノーリードで自由に遊べます。 大型・中型犬向け「海のみえる丘」 小型犬向け「緑がはえる丘」 油壷マリンパーク入園料が1匹500円かか...

油壷マリンパーク詳細

  • 三浦市三崎町小網代1082
  • 045-880-0152
  • 9時~17時(最終入園16時30分)
  • 入園料 ()はショーなし
    大人1,800円(1,600円)
    中学生1,300円(1,150円)
    小学生900円(800円)
    幼児500円(450円)
    ペット500円

新型コロナウイルスで犬連れでのショーは中止していますが、公式サイトで確認してからお出かけくださいね。

公式 油壷マリンパーク

犬連れについてのご案内

アクセス

【最寄り駅】京急「三崎口」より京急バス15分
三崎口駅1番のりば「京急油壷マリンパーク行 終点

バスの本数が少ないので帰る時間は必ずチェクしてください。

【駐車場】1日800円(夏休中は1,000円)
※土日祝、およびお盆期間中入園しない場合は3,000円

\朝8時からの朝ごはんあります/
三浦海岸【ビーチエンドカフェ】海の見えるカジュアルフレンチで愛犬と極上ランチ
三浦海岸沿いのカジュアルフレンチレストラン「BEACHEND CAFE」に行ってきました。秋の連休中だったので混雑していましたが、タイミングよくテラス席を確保。三浦海岸から向かいの房総半島が一望できる特等席です。 BEACHEND...
\マリンパークのすぐそばです/
三浦半島【シーボニアクラブハウスレストラン・リビエラリゾート】テラス席ペット可
横浜のベイサイドマリーナから出港し、三浦半島の最南端小網代(こあじろ)にあるプライベートリゾート「リビエラシーボニアマリーナ」に行ってきました。 目的は大人の海水浴。 船を海上に停泊させて海水浴を楽しんだ後に、リビエラシ...

コメント

トップへ戻る