愛犬と高速船で初島へ!東京から一番近い離島で遊ぶ

春休みの終わりに「初島」へ行ってきました。

初島は、熱海港と伊東港から高速船で約30分で行くことができ、日帰りで楽しめるプチリゾート。東京から一番近い離島です。

なにがいいかって、愛犬と一緒に船に乗っておでかけできるところかな。

犬連れでの船の乗り方や初島の魅力をご紹介します。

初島定期船、愛犬との乗り方

熱海港から乗船しました。

運賃
大人  往復2600円
小人  往復1300円
犬・猫 往復1300円

ペット料金を払えばわんこも一緒に乗船できます。

わが家は「初島アイランドリゾート」の中のアジアンガーデンR-Asiaの入園券セットを購入しました。お風呂セットもありますよ。

ギリギリ10:30の船に乗船、初島発16:40で戻ってきましたが、日帰りでも島内でゆっくりと遊ぶことができましたよ。

毎月11日はワンワンの日ということで、ペット乗船料が無料になるそうです。もちろん猫ちゃんもOK! この日もたくさんのわんこさんが乗船していました。

乗船では必ずリードをつなぐかケージに入れることが条件。

リードをつないでいれば船内のデッキ部分はお散歩もできますが、犬が苦手なお客さんもいるので気をつけたいところです。

一通り船内を見た後はデッキの隅に座っていました。(酔いそうなのでw)

お天気が良くて気持ちよかったけど、雨の日は中に入れないのでつらいかも。

初島海辺食堂 犬連れ可能な「さかや」と島猫活動

初島は1周わずか4㎞の小さな島なので、散歩しながら島内周遊が楽しめます。

海だけでなく、竜宮宮や海洋資料館、初島灯台などの見どころも。

初島港を降りてすぐのところに、島の漁師さんが営む「港食堂」が並んでいます。

採りたての新鮮な海鮮が楽しめる各お店のおすすめはこちら

わが家が入ったのは一番端っこの「さかや」さん。

テラスがあるので犬連れも可能です。ご主人にお聞きしたところ、食堂街はどこのお店もテーブルを外にひとつ出してよいそうですが、出ていたのはさかやさんだけでした。

ダイビングショップがお隣にあるので、濡れた体でも食べれるように外の席を設けているのだそうですよ。

ところてんとセットの「さかや丼」。

その日のお魚が楽しめる「二色丼」。

海苔がたっぷり入ったラーメンも!

煮魚(名前は忘れたけど聞いたことのないお魚)をサービスしていただきました。

お会計の際、「しまねこ募金箱」があったので話を伺ったところ、「Hatsushima Shima Neko」という保護活動をされているのだとか。

初島の猫たちは、昭和35年から地域猫として島民によってお世話されているそうです。

私が見かけたのは、島のトップアイドルさくらちゃん!

人をみても逃げずにマイペースのかわいい子でした。

初島にいる猫ちゃんは不妊女性手術をうけていますが、病院代、餌代、毛布、カイロなどすべて募金でおこなっているそうです。ドライフードの支援などもできるそうなので見てくださいね↓

Hatsushima ShimaNeko

島内唯一のWEBサイトがあるお店です。

活魚料理さかや詳細

静岡県熱海市初島165
0557-67-1473
【営業時間】
昼11:00~16:00(閉店時間は日によって違います)
夜17:30~19:00(予約のみ)
【定休日】不定

活魚料理さかや

初島アイランドリゾート

宿泊施設、プール、トレーラーハウス、テントヴィラ、アスレチック「SARUTOBI」などがあるリゾート施設「初島アイランドリゾート」。

初島アイランドリゾートや「SARUTOBI」などは施設利用料のみ必要で、散策するだけなら入園料はかかりません。

アジアンリゾートガーデン「R-Asia」エリアは、別途入園料が必要となります。

アジアンリゾートガーデンR-Asia

入園料
大人 950円
小人 550円

再入場の際には、入場券またはセット乗船券を提示。

南国の花が咲く空間でハンモックでくつろげます。

BAR SABAAI(バー・サバーイ)のおすすめ、大人気のマンゴーソーダをいただきました。

他にも「夕焼けハイビスカス」や「グアバジュース」といったトロピカルなノンアルコールドリンクもたくさん。

島Cafeでは「ナシゴレン」や「ガパオ」などもいただけます。

ヨガマットの貸し出しなどもあり、晴れている日は最高なのですが、お天気が悪いと犬連れで逃げるところがないのはつらいかも。

園内をぐるりと散策。

夏はトレーラーハウスに泊まるのも楽しそうですね。

ただ、初島はわんこと一緒に入れますが、島内自然環境への影響の観点から宿泊はできないため、犬連れさんは日帰りのみとなります。(盲導犬の同伴は可能)

アドベンチャーアスレチックSARUTOBI

ハーネスを着用し、木の上を渡っていくアスレチックのSARUTOBI(さるとび)に息子たちが参加。人気があるので島についてすぐに予約に行きましたが、15:40のツアーでした。平日でもこの混雑なら、休日や連休中は早めに動いた方がよさそうです。

私は高いところが苦手なので絶対嫌だわ。

木の上から海が見えて見晴らしはいいそうですよ。

SARUTOBI詳細

料金
大人(中学生以上)1700円
小人(5歳以上) 1300円

※身長110㎝以上、130㎏まで。
※小学生以下は保護者の付き添いが必要。

営業時間
10:00-17:00(最終受付16:00)

レンタルシューズやヘルメットなどの貸出あり。

SARUTOBIは参加費用のみ必要で、見学者はかかりません。

初島で犬と遊ぶなら

とても小さな島なので、ゆったりしたい方におすすめです。

寒い日やお天気が悪い日だと、室内に犬連れで入れる場所がなくつらいかもしれません。

次男が釣竿を持ってきましたが、慣れない釣りに悪戦苦闘。

港のすぐそばに2時間餌付きのレンタルの釣り竿(1200円)もありますよ。

初島のお土産に「初島漁協直売所」で販売している伊勢海老、サザエ、ひものなどが地方発送可能です。

また、「初島漁協スーパーマーケット」では、お菓子やジュース、カップ麺などが買えるので、お腹が空いても大丈夫。

かんてんやのり、ところてんなどヘルシーなお土産はいかがでしょうか。

熱海港の市営駐車場に注意

熱海港まで車で来たので、港のすぐお隣の市営臨港駐車場に停めましたが、56台しか収容できないため10:30の便に乗船するのに空きが最後の一台でかなり焦りました。

熱海港のそばには3カ所市営駐車場があり、熱海港駐車場は163台、和田浜駐車場は125台収容できますが、どちらも少し離れているため時間に余裕をもってお出かけくださいね。

30分/100円
(8~16時間まで料金据え置き1,600円、
16時間以降は1時間100円)

熱海港そば駐車場情報

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク