おすすめアイテムこちらにまとめています☞

【鎌倉宮】の骨董市を愛犬と散策

鎌倉宮で月に一度開催される「鎌倉宮骨董市」に行ってきました。鎌倉宮境内はリードで散策できます。

鎌倉宮骨董市

鎌倉宮骨董市
鎌倉宮骨董市
  • 毎月第2日曜日
  • 鎌倉宮境内
  • 7時~16時
  • 雨天中止
  • 10月は薪能のためなし
  • 境内駐車禁止
  • 鎌倉骨董市事務局
    0467-24-7774
    グラススタジオオーゴ(鳥居向い)

朝7時30分頃はまだ人もまばら。骨董市で掘り出し物を探すなら朝一番がいいと言いますが、鎌倉で暮らす友人はステキな竹籠を購入していました。

骨董市で見つけた竹籠1500円

写真で見るよりも実物のほうがあめ色が美しい。この籠を見つけるセンスのよさに脱帽です。日本だけでなく海外のアンティークものもあり、眺めているだけでも楽しい。

多い時には40店くらいの出店があったそうですが、今はコロナも影響しているのか20店舗も出ていませんでした。

漆器と南部鉄器の急須が欲しかったけど、夫に「あるでしょ」と言われ……。

次回はつつじとふたりで行こう。

鎌倉宮の見どころ

鎌倉宮

朱塗りではなく白い鳥居の鎌倉宮。
境内はリードで散策できるので、朝の時間帯は散歩する犬連れの方と多くすれ違いました。

拝殿までは無料です(宝物殿は有料)。

獅子頭の手水舎

鎌倉宮手水舎

新型コロナウイルス感染防止のため閉鎖中の手水舎。今は新しい参拝様式で季節の花を飾った「花手水」が人気がありますが、鎌倉宮はお守りの「獅子頭」が飾られていました。

獅子頭のお守り

「災い(悪いもの)を食べ、幸せを招く」と言われる獅子頭は、ちょっと怖い顔をしていますが、よく見るとかわいらしい。

拝殿

拝殿

鎌倉宮の主祭神「大塔宮護良親王」は、後醍醐天皇の皇子様。鎌倉幕府幕府滅亡後、足利尊氏と対立し幽閉された「土牢」も境内に残されています。

拝殿までは無料ですが、初めてなら拝観料を納めて中をめぐるのがおすすめです。

鎌倉宮拝観コース

鎌倉宮宝物殿入口

宝物殿の拝観料300円を社務所に納めて中へ。宮司さんに確認したところ、中もリードのままでOKとのことでした。

鎌倉宮碑

明治天皇が「鎌倉宮」を建てた際の言葉を記された碑。

「神苑」横のアジサイが咲く階段を上がると「土牢」があります。

土牢

こんな寂しいところに9か月も閉じ込められていたなんて信じられませんね。さらに足利尊氏の弟に暗殺され28歳の若さで最期を迎えたというから悲しすぎます。

本殿から拝殿

以前は拝殿側が拝観コース入口になっていましたが、今は閉鎖されているので外には出られません。もう一度来た道を戻ります。

鎌倉宮の御朱印

鎌倉宮御朱印

初穂料は2枚1組で600円。今は御朱印帳への直書きはお休みのため、神職様が奉製した和紙への朱印。この和紙は埼玉県秩父村小川町の「和紙の里」まで神職自ら買い付けに行かれているそうです。

鎌倉宮の御朱印

鎌倉宮の御朱印は年間通じて受けられる3種類(各600円)の他、期間限定の3種類(各500円)。

鎌倉宮 概要

  • 鎌倉市二階堂154
  • 04678-22-0318
  • 9時~16時
  • 宝物殿拝観料
    中学生以上300円
    宝物殿は9時30分~
  • 境内リードで散策可

公式サイト 鎌倉宮

鎌倉宮へのアクセス

  • JR鎌倉駅東口より5番乗り場
    鎌倉20 大塔宮」行終点「大塔」下車
  • 鶴岡八幡宮より徒歩13分
  • 最寄り駐車場
    「One Park 鎌倉宮前」(12台)
    平日100円/20分
    土日祝100円/15分
    全日最大1000円
    鎌倉宮周辺には駐車場が少ないので、akippaで予約して行くといいかも。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました