ドッグイベントスケジュール☞

【新加坡肉骨茶 鎌倉店@SHIKA LAB. kamakura】シンガポールのソールフードバクテー専門店

SHIKA LAB.kamakura

ずっと気になっていた材木座のSHIKA LAB.さん。 新加坡肉骨茶は木金土のみの営業なので、なかなかタイミングが合わずでしたが、やっと行ってお目当てのバクテーを食べてきました。

店内わんこOKです(要マナーパンツ)。

SHIKA LAB.kamakura

ラボと名前のとおり研究室のような扉を開けると、店内には長テーブルがふたつ。料理教室なども行われてるシカラボ鎌倉で、木金土限定のポップアップレストランが「新加坡肉骨茶 鎌倉店」です。

オープンの11:30に行きましたがすぐ満席に。店内はカウンターを合わせて14席と広くはありませんがすごい人気!長テーブルは相席の場合はパーテーションで仕切られます。

店内はマナーパンツをはいていればそのままで一緒に入店OK。つつじはパンツを持っていなかったので、料理が来るまで抱っこで、食べる時はバッグの中で待っていてもらいました。

テーブルの脚が足踏ミシン!
昔、実家にありました。
これ、難しいのよね(電動も難しいけど)。

多頭で行くような雰囲気ではありません。

ランチメニュー

肉骨茶(バクテー)が人気のお店ですが、海南鶏飯やラクサ、フォーの他にも、地元食材を使ったサイドメニューもあり、シンガポール料理しばりではありません。

季節のフォー

お店の人気ランキング1位は、バクテーをトッピングしたワンタン麺カスタム。夏季限定の野菜たっぷり冷やしフォーもおいしそう。あれもこれも食べたくて迷いましたが、初心者なのでバクテーと水餃子のランチをいただくことに。

バクテーと水餃子のランチセット

バクテーと水餃子セット

水餃子の中味は選べてこの日はラムか海老。

10種類の漢方、スパイスとニンニクなどでじっくりと煮込んだ豚のスペアリブ。お肉はホロホロとやわらかく、スープはコクがあるけどさっぱりしていておいしい。

漢方が入っているからかな、食べた後からだがポカポカに。

バクテーの食べ方

肉骨茶の食べ方が描かれたランチョンマットには、新加坡肉骨茶の店主が選ぶ、現地で食べるべき肉骨茶のお店も紹介されています。

黒醤油でいただきます

スペアリブをローカルスタイルの手づかみでそのままガブリ!トウガラシの入った黒醤油(ブラックソイソース)やネギソース(水餃子用?)につけると、味に変化があって楽しい。

テイクアウトもあり

SHIKA LAB.テイクアウトメニュー

友人と息子にバクテーと水餃子をテイクアウト。深めのカップに入れてもらいましたが、バイクで運ぶ途中で見事スープが袋の中にこぼれました。(器にうつして食べたよ)

また行きたい!

新加坡肉骨茶 鎌倉店概要

コンクリート部分にのせれば駐輪可
    
店舗名新加坡肉骨茶 鎌倉店
住所鎌倉市材木座3-6-25 シカラボ
電話番号080-3913-3625
営業時間ランチ11:30~14:30(L.O.14:00)
ディナー17:00~20:00(L.O.19:00)
定休日月火水日【木金土のみ営業】
予約予約可
利用条件店内可
駐車場なし
備考

要マナーパンツ

Facebookより予約可

公式サイトhttps://www.facebook.com/shikalabkamakura

SHIKA LAB.アクセス

ウエルシア側から歩きました

若宮大路からは由比ガ浜に向かって消防署(向かいがKUA`AINA)交差点を左折。クリエイトの手前を左折した住宅街の中にありますが、この道を左折してしまうと道が細いため車で入るのはNG。

クリエイト斜め前のコインパーキング「ダイレクトパーク鎌倉材木座」が最寄り駐車場となります。ただ、台数が少ないため「特P」や「タイムズB」などであらかじめ予約していくのもいいかもしれません。

コメント

トップへ戻る