【Furboの口コミ】ファーボドッグカメラを使ってよかったこと、後悔したこと

Furboドッグカメラが注文した翌日午前中に届きました。

早速開けて使ってみたのですが、

「買ってよかったのかしら……」

と、その日に後悔。

もちろん製品自体は思っていた以上に素晴らしかったのですが、うまく留守番ができないつつじさんだからこその悩みです。

つつじのお留守番の様子を動画で撮影してみたので、同じように留守番がうまくできないわんちゃんの参考になればいいな。

Furboドッグカメラのサイズと設置方法

Furboドッグカメラが手元に届きました。

梱包箱の中に箱があり、さらに箱があってFurboドッグカメラの箱が。

全部で4個の箱!と自分で使うにはちょっと過剰包装気味ですが、贈り物にするなら安心ですね。

初めて手にした感想は、思ってたよりも高級感があるなと。またサイズは想像していたよりも大きめでした。

Furboドッグカメラ本体サイズと質感

ティッシュボックスと同じくらいなので、すごく大きいというわけではありませんが、私が勝手にもう少し小さいと勘違いしていました。

陶器や天然竹カバーの質感は高級感があります。

陶器にしか見えませんが、プラスチックでした。

主張しないシックなデザインなので、どんなインテリアにもなじみやすいと思います。

Furboドッグカメ設置方法

本体はUSBポートを本体裏に差し、コンセントとつなぐだけなので、設置は簡単で3分で終わりました。

カメラの高さがわからなかったので、とりあえず次男が技術の時間に作ってきた折りたたみの椅子にのせてみました。

専用USBケーブルの長さは約2mです。

スマホに「Furboドッグカメラ」の専用アプリを入手し、本体に近づけると自動で設定がスタート。

接続すると緑のランプに変わります。

本体設定はこれで完了!

Furboドッグカメラの設置場所はWi-Fi環境が必要です。わが家は光回線+iPhoneですが、特に問題なくすぐに接続できました。

おやつのサイズは1~1.5㎝の固いものがおすすめ

蓋を開けてなかにおやつを入れます。

家のあるおやつがアキレス腱や砂肝しかなかったので、ドッグフードを入れてみました。推奨サイズは1~1.5㎝とあります。

公式サイトにどんなおやつが合うのか詳しく紹介されていました。

Furboに合う「おやつ」はどれ?

ソフトな手触りの商品は小さくても詰まりの原因になりやすく、夏場の衛生面も気になるため、少し大き目なボーロがおすすめとのこと。

つつじさん、ボーロは食べないので手ごろなものを見つけてこようと思います。

Furboドッグカメラの撮影方法

思っていた以上に画質がよく鮮明にみえました。

Furboドッグカメラで映した映像はこのように手元のスマホで見ることができます。

クリーム色の丸はおやつボタンを飛ばしたところ。

右がマイク左がビデオとカメラボタン

操作はとてもシンプルなので、取扱説明書を見なくても使えるくらい簡単でした。

Furboドッグカメラで動画を撮影

動画は1分間撮影でき、そのままTwitterやインスタなどのSNSにも簡単にアップができます。

編集なしでこんな感じです。

Furboドッグカメラで撮影

Furboドッグカメラで撮影した写真。

おやつが出てきたので不思議そうに穴をのぞき込んでいるところです。

スマホの撮影ボタンを押すだけなので、何度でもシャッターが切れます。

ドッグアクティブ通知

「ワンちゃんが起きたみたいですよ!見てみますか?」

「誰かが部屋に入ってきたみたいです」

など、部屋に動きがあると自動で連絡が入ります。

とてもよい機能だと思うのですが、ピロン♪とメッセージが入るとどうしてもチェックしたくなるので、慣れるまでは気になるかもしれませんね。

夫も使いたいというので調べてみたところ、家族で同じアカウントでログインすれば見ることが可能とのこと。ただし、同時に映像が見れる接続者数は2人となります。

Amazonアレクサと連動

新しいモデルからAmazonアレクサと連動がスタートしたので、Amazon Echoに声をかけて、ファーボから愛犬におやつをあげることが可能となります。

暗くなってきたら電気をつけてもらったり、クーラーをつけてもらったりと……とAI技術を利用すると使い道は広がりそうです。

わが家はGoogleHomeなので、こちらにも対応してくれるといいな。

ストレージは少ない

これだけ高機能だとiPhoneでの容量(ストレージ)が大きいのでは?と夫が心配しましたが、調べてみたところ「65.6MB」で思っていたよりも少なかったです。

ちなみに、Yahoo乗り換えアプリが「57.6MB」、メルカリアプリが「70.8MB」。

Furboドッグカメラを使った感想

Furboドッグカメラが届いた日に、家族で食事に行って(1時間半)帰ってきたときの様子です。

外出してから5~10分くらいすればあきらめて寝てくれるものと思っていましたが、ずっと窓の外を見ていることがわかりショックでした。

クーン、クーンと普段聞いたことのない悲しそうな声も入っており、みないほうがよかったかなとも少し後悔。

ichimiさん(@tsutsujilog)がシェアした投稿

インスタにアップした動画です。
※インスタだとサイズが小さくなり、端が切れてしまうので、主にインスタグラムを使用したい方は置き方に工夫が必要かも。

帰宅直後の様子、車を確認すると嬉しくて部屋を走り回っています。

留守番中にソファーを激しく乗り降りしたり、窓を眺めるのに立っているのは足腰に負担がかかるので、留守中はケージに入れるとか、段差を低くするクッションを置くなど何かしらの対策が必要だなと反省しました。

いたずらをしないからとお留守番中はリビングにフリーにしていましたが、留守中の様子をチェックできてよかったです。

つつじのように上手に留守番ができない子は、一度どんな様子なのかを見てみるといろんな改善点が見つかるかもしれませんね。

Furboドッグカメラは、高機能なので仕方ないかもしれませんが、定価が27000円とかなり高額です。私は前回のセールを逃してしまい、メルカリでチェックしていましたが、2万近くで出品されている方も多いので、公式サイトのセールでも値段はほとんど変わりません。

1年間の製品保証、30日間の返品保証、ワンちゃんいたずら保証(1回)がつくので、公式サイトでの購入がおすすめです。

Furboドッグカメラ夏のビッグセール概要

2018年7月18日(水)~7月21日(土)

価格 27,000円 ⇒ 19,800円

セール期間特別クーポンコード
LINK900
さらに1000円引きになります。

公式サイトはこちら
心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

セール期間外で使える2000円引きクーポン番号【LINK2000

クーポンを使った購入方法などはこちらでまとめています。

furbo(ファーボ)ドッグカメラ買いました!セール期間特別割引クーポンコードあり
愛犬の留守番の様子がわかる人気の「Furboドッグカメラ」を買いました。 「つつじが留守番のときに、いつも外を見て待っているの...

スポンサーリンク
スポンサーリンク