ドッグイベントスケジュール☞

アクサダイレクトのペット保険【いぬのきもち保険(現アニコム)】

つつじがお世話になっている動物病院と提携している「アニコム保険」への加入を検討しています。

アクサダイレクトのペット保険【いぬのきもち保険(現アニコム)】
つつじがお世話になっている動物病院と提携している「アニコム保険」への加入を検討しています。アクサダイレクトの「いぬのきもち保険」と比較してみました。※いぬのきもち保険はアニコムに変更されていますが、アクサダイレクト保険の記録として残しておき

アクサダイレクトの「いぬのきもち保険」と比較してみました。

※いぬのきもち保険はアニコムに変更されていますが、アクサダイレクト保険の記録として残しておきます。

最新のいぬのきもち健保(アニコム)はこちら

いぬのきもち保険とは

IMG_0663

通販保険サイトの大手「アクサダイレクト」とベネッセ提携のペット保険。※2021年現在はありません。

初診・再診も補償の対象、14歳以降も継続可能なペット保険ですが、その最大の特徴はなんといっても「保険料」がお安いこと。

諸条件は違いますが、2歳のトイプードルの場合

  • アニコム保険(70%) 3,580円
  • いぬのきもち保険(70%)2,260円

1か月で1,000円以上保険料が変わります。

どうしてかしら?と早速アクサダイレクトに電話で確認してみました。

アクサダイレクトペット保険

アクサダイレクトのコールセンターに確認した記録です。

アニコムとアクサダイレクトの違い

❶アニコム保険は、全国の動物病院と提携して保険支払い分の代金支払いがないなどのメリットがあるが、代わりにマージンがかかるため割高になっている

治療費全額支払い後に後日保険金を請求する手間があるが、全国すべての動物病院に対応。

❷新規契約の対象年齢は満13歳まで
ただし、継続に関しては14歳以上も終身契約可能。

❸健康体であること。
ワクチンなどで予防可能な病気・先天性ないし遺伝子的または、発達以上を原因とするケガまたは病気、ウォブラー症候群、肘関節形成不全、肘関節の尺骨、とう骨離脱、前とう骨湾曲症、レッグペルテス病、膝蓋骨脱臼、眼窩形成不全、目瞼外反または内反、進行性網膜萎縮、下顎骨の炎症性疾患、アカラジア、巨大食道症、口蓋裂、動脈管開存症は支払い対象外。

更新の際、回復できない病気がある場合、その既往症についての支払いは対象外となる場合や、更新できない場合もあり。

ペット賠償責任保険付帯可
月払90円/年払1,010円

❺犬種によって保険料が異なる

  • 血統種
  • ミックス(交雑種)
  • ブリード種

*ブリード種とは、バーニーズ・マウンテンドッグ、ブルドッグ、ディアハウンド、エストレラ・マウンテンドッグ、グレート・デーン、アイリッシュ・ウルフハウンド、レオンベルガー、マスティフ(スパニッシュ・マスティフ、ナポリタン・マスティフ、ピレニアン・マスティフ、ボルドー・マスティフ、イタリアン・コルソ・ドッグ、その他のマスティフ種)、ドッグ・ド・ボルドー、ニューファンドランド、オールド・イングリッシュ・シープドッグ、グレート・ピレニーズ、ロットワイラー、セント・バーナード、ボースロン

*ミックスは、雑種や血統種同士のミックス、ハイブリッドなど。

血統種はそれ以外。

マイクロチップ割引あり
年齢によって値引き額が異なる。

トイプードル2歳(-90円)
マイクロチップあり2,260円
マイクロチップなし2,350円

❼インターネット割引あり
WEBより申し込むと3,000円引き

満8歳まではインターネットでの申し込みが可能。
9歳以上の場合は「動物病院で加入前の健康診断書」が必要。

❽多頭割引
申し込みの際、1,000円割引あり。

❾疾病・がん治療の待期期間あり
初年度契約では、保険開始日から一定期間の待機期間(疾病30日/ガン120日)設定。

❿支払金額・回数制限なし
ただし、年間上限額あり

保険料の大きな違い

アニコム手術は、1回あたり14万(70%プラン)、10万(50%プラン)までを1年間に2回まで使用可能。通院・入院は、1日最高14,000円(70%プラン)まで、1万円(50%プラン)までで、年間各20日まで。

アクサダイレクトは、1回あたりの金額制限や回数の制限はなく、期間中の支払限度額が70万円(70%プラン)、50万円(50%プラン)まで

(例)アニコムを最大利用した場合(70%プラン)
手術14万円×2回+通院・入院1.4万円×20日=56万円

……ということは、身近な通院や高額な治療まで利用を考えたら、アクサダイレクトのほうがいいような?

保険は突然の手術や入院などで、高額な医療費が必要になったときに備えるためのものなので、支払いが「年に何回まで」とか、「1日いくらまで」と決まったものよりも、支払限度額があったほうが安心ですからね。

でも何かデメリットがあるはず。

コールセンターの方に、申し込みの際に気を付ける点をお聞きしました。

  • 動物病院で治療費の全額を一旦払わないといけない。
  • 保険料は年齢により異なり、1年ごとに高くなる。
  • 1年更新のため、既往症は支払い不可になったり、継続できない場合もある
  • 生年月日がわからない場合は、病院の推定年齢で申し込みが可能。月日は家に迎えた日や記念日などでOK
  • 70%から50%保障に下げるのは簡単だが、50%から70%に上げる際には再審査あり。

私は損害保険会社で働いていた経験があるため、保険金の請求方法はわかりますが、書類を書いたり診断書を用意したりは思った以上に面倒な作業です。これらを面倒と思わないなら、アクサダイレクトのほうがいいかなと。

あと、1年更新なのはアニコムも同じですが、アニコムが終身をうたっているのに対して継続できない場合もあるというのが気になりました。

 

保険料が安いというだけでは選ばないほうがいいですね。

※2021年現在、いぬのきもち健保はアニコムの契約に変更されています。アクサダイレクト保険の記録となるのでこのまま記録として残していますのでご注意くださいね。

アクサダイレクトペット保険

いぬのきもち健保(アニコム)

コメント

トップへ戻る