RAKUTEN ROOMはじめました▶

ドッグフード難民解決!ナチュラルハーベストに落ち着きました。

NATURAL Harvest

ダイエット療法食「満腹感サポートスペシャル」をやめた後、ドッグフードジプシーで困っていましたが、やっと落ち着きました。

ナチュラルハーベストメンテナンススモールラム」を1袋食べ終わったので2袋目を購入。ウンチの感じもいいし、しばらく続けてみるつもりです。

鎌倉にある生体を販売しないペットショップ「PETON KAMAKURA」さんへ、つつじと一緒にフードの相談行ったところ、これがいいのではと教えていただきました。ペトン鎌倉は良質なドッグフードをたくさん取り扱っていて、試食もできます。

ZIWI PEAK(ジウイピーク)にしようか迷っていると相談したら、「フード破産しちゃうわよ」と言われました。いいフードだけど高すぎますよね、やっぱり。

ナチュラルハーベストは国産のドッグフード。

つつじのように太りやすい子におすすめなのは、ベーシックフォーミュラの「メンテナンススモール・ラムとセラピューティックフォーミュラの「レジーム(ダイエット用食事自療法食)」です。

ナチュラルハーベストとは

NATURAL Harvest

ナチュラルハーベストは、安心と安全を第一に考えた日本初のオリジナルフード。ドッグフード、キャットフードの取扱いがあります。

今まで良質なドッグフードは海外からの輸入品ばかりと思っていましたが、日本特有の気候や環境を考えて、日本に住む犬と猫のために作られているそうです。

ナチュラルハーベストのこだわり

  1. 人工防腐剤、着色料、香料不使用
  2. 遺伝子組み換え作物も不使用
  3. 人間に使用が禁止されるような原材料は使用せず、すべての原材料と原産国を公開(中国産原材料は一切不使用)
  4. アレルゲンとなりやすいものを避ける
  5. 日本の住環境でも極力太らないようにカロリーを抑える
  6. 酸化しないフレッシュなまま真空パックでお届け

低脂肪・低カロリー

ラム肉が主のメンテナンスラムを買いました。つつじさん、ラムベースのドッグフードは今回初めてです。

日本に住む犬や猫は、外国の家と比べて遊べるスペースが少なく、運動不足になりやすいので、低脂肪・低カロリーなナチュラルハーベストが合うと教えてもらいました。

酸化防止のための工夫

ドライのドッグフードの材料に多く使われている「動物性油脂」は、成分が酸素と結合すると酸化しやすく、酸化したドッグフードを食べると皮膚炎などのトラブルや消化器障害などにもつながるといわれています。

だから酸化を防ぐために酸化防止剤が使われますが、人口の酸化防止剤は発がん性などの恐れがあるため、天然由来の酸化防止剤が望ましいそうです。

天然酸化防止剤使用

ナチュラルハーベストで使っている酸化防止剤は、ビタミンEやローズマリー抽出物などを使用。人口の酸化防止剤よりも効果は弱いけど体には優しいみたい。

真空パックでお届け

作ってすぐに真空パック包装することで、フードと酸素を極力接触させずに酸化を防ぎます。

ドッグフードの真空パックって今まで見たことがなかったのですが、ナチュラルハーベストだけなんですって。

袋がとても固くてゴツゴツしていますが、粒が密着すると袋に小さな穴が開いてしまうので、特殊なフイルムを4層構造にして頑丈に作られているそうです。

価格がお手頃

ドッグフードって価格がピンキリ。
もちろん高いものはいいってわかっているけれど、毎日続けるものなのでできればいいものを安く買いたいというのが本音です。

ドッグフードの価格一覧表で調べたところ、ナチュラルハーベストは100ℊあたり196円とかなりお手頃なのもよかったです。ちなみに私が買った「ZIWI PEAK」は最高値100ℊ1127円で、ぶっちぎりの1位でした(汗。また後日紹介しますが、大喜びするのでおやつとしてちびちびあげてます。

価格表だけでなくドッグフードの選び方がフラットな目線で紹介されているので、「ドッグパラダイス」のサイトは必見です!
ドッグフード価格表(dogparadise)

レジームとメンテナンスの違い

つつじはダイエットが終わったので買いませんでしたが、ナチュラルハーベストのセラピューティックフォーミュラシリーズは、高度な臨床栄養学に基づいて、日本と米国の獣医師が共同で開発した食事療法食なのだそうです。

レジームがダイエット用の食事療法食として1粒当たりのカロリーが低いのに対し、つつじが食べているメンテナンスは低脂肪、低カロリー、低アレルギーなフードです。

「たんぱく質が少ない」という口コミがありますが、室内で運動量も少ない子用に考えて作られているなという印象です。

ドッグフードをお湯でふやかす時の注意点

ナチュラルハーベストをあたえたところ、カリカリと食べにくそうにしていました。お行儀悪くお皿から離れたところで食べてみたり。

いつものようにぬるま湯で戻してあげたところ感食。

熱湯をかけてしまうとフードに含まれているビタミンなどの栄養素が壊れてしまうと以前ロイヤルカナンさんに教えてもらったので気を付けています。

ペトン鎌倉のお店の方からは、カリカリで食べたほうが歯にもいいので頑張って食べてもらってねと言われました。

動物病院にお泊りさせるときや、震災など万が一のことを考えるとカリカリで食べさせたほうがいいのだろうなとは思っていますが、つい食べやすくしてしまうダメ母です。

ドッグフードを探したいならこちらのサイトがおすすめです。

ドッグパラダイスぷらすニャン

【PETON KAMAKURA】輸入アイテム99%!生体を販売しないペットショップ
鎌倉市街からはなれたところにある「PETON KAMAKURA(ペトンカマクラ)」は、生体を販売しないペットショップ。毎週日曜日には地元ボランティア団体と共同で犬猫譲渡会を開催しています。 約230㎡の広い店内には、見たことの...

 

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました